logo

米国の買収報道を受けヤフー株が急騰--「棹尾の一振」の主役となるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 海の向こうで再び、米ヤフーをめぐる動きが活発化してきた。12月2日、ウォールストリートジャーナルの電子版が、AOLの前CEOであるミラー氏がヤフー買収に向けて資金調達に動いていると報じた。その額は300億ドル。米ヤフーはかつて、同じポータルサイト大手のグーグルとの買収交渉が破談していた。

 このニュースを受けて日本のヤフー株は、12月3日の株式市場で急反発。米国ヤフーと日本のヤフーとの業務的な関連性はほとんどなく、業績面などへの影響は考えにくい。しかし、これまでM&A(企業の合併、買収)関連の話題に乏しかったインターネット関連企業に対する買収価値を認識させた効果は大きく、株価に対しては大きな刺激となっている。

 12月3日の東京市場ではヤフーのほか、インターネットショッピングモール運営の楽天や、インターネット広告代理大手のセプテーニ・ホールディングスなども人気を集めた。

-PR-企画特集