logo

「ザ・シンプソンズ」の街にアップルストアが登場

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、小林理子2008年12月02日 14時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 忘れられたのはただ1つ、「iPod Hi-Fi」を必死に売ろうと試みる年老いたGilだけだった。

 米国時間11月30日の夜に放送された「ザ・シンプソンズ」では、スプリングフィールドの街に初のApple Storeがやってきた。そのため番組のライター陣は、放送のかなりの部分を使ってApple(Mapple)、最高経営責任者(CEO)のSteve Jobs氏(Mobs氏)、そして「myPod」を風刺できた。この中では、間違いなくMacユーザーであろうComic Book Guyを登場させて、「Power Mac Cube」や「Braniac Bar」、さらには有名なコマーシャル「1984」など、Appleの文化的な面に皮肉まじりで言及している。

 このエピソードは「Fox.com」と「Hulu」のサイトで見つかる。YouTubeのほうにはすでにFoxの弁護士から連絡が行っているようだ。

 「ザ・シンプソンズ」のパロディの中で最高に面白いというわけではないが、同番組はもうかなり前から小気味のいい切れは失われていた。Appleについては長年にわたり「ザ・シンプソンズ」のなかで取りあげられてきているが、いちばん有名なのはスプリングフィールド小学校のいじめっ子が、「Apple Newton」に「Beat up Martin(Martinを打ちのめす)」とメモしようとしたシーンかもしれない。気まぐれな手書き入力認識ソフトがそれを「Eat up Martha(Marthaに夢中)」と読み取ってしまったため、いじめっ子はNewtonをMartinに投げつけた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集