日本HP、802.11n対応製品を発表--HP ProCurveにコルブリス製品統合へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカードは11月26日、同社のネットワーク製品群「HP ProCurve」に、2008年10月1日にHPが買収したコルブリス・ネットワークスの32製品を統合すると発表した。

 統合後初の新製品として、802.11n対応のワイヤレスアクセスポイント「HP ProCurve MSM410シングルラジオ802.11nアクセスポイント」と「HP ProCurve MSM422デュアルラジオ802.11nアクセスポイント」を発表した。802.11nに対応したワイヤレスアクセスポイントは、日本HPでは初とのこと。

 両製品ともに802.11nドラフト2.0に準拠し、最大理論値300Mbpsに対応した、日本HP初のワイヤレスアクセスポイントとなる。IEEE802.af対応のPoE製品のため、ACアダプタは不要だ。

 広範な組織をサポートする拡張性を備え、自律モードで単体として使うことや制御モードでMSM700シリーズコントローラから集中管理することもできる。

 ProCurve MSM410は、アンテナを筐体内に内蔵したコンパクトデザインを採用。盗難やいたずらに遭う可能性を低減するとともに、設置場所の美観を損ねないよう配慮したという。販売開始予定は2009年3月下旬から。価格は9万9330円となる。

 ProCurve MSM422はデュアルラジオを搭載し、一方を11nに、もう一方を従来の11a/b/gに構成することで、11nのパフォーマンスを低下させることなく既存の無線LANへ11nを導入できる。フラップ型アンテナを搭載し、オプションで外部アンテナも設置可能だ。販売開始予定は、2009年2月下旬から。価格は15万2880円となる。

 HP ProCurveに統合されるコルブリス・ネットワークスは、屋内用アクセスポイントをはじめ完全防水屋外用アクセスポイント、ウェブ認証対応アクセスポイント、アクセスポイント管理製品、無線セキュリティ関連製品を含むワイヤレス製品群を揃える。HPではこれらの製品をラインアップに加えることで、企業やサービスプロバイダが無線による音声やデータ、マルチメディア・アプリケーションのサービス拡大を実現できるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加