今年のボジョレーヌーボー、どんな味?--イノベーションキッチンらが味を数字化して紹介

岩本有平(編集部)2008年11月20日 20時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワインに関するポータルサイト「ワインアベニュー」を提供するイノベーションキッチンは11月20日、同日に解禁となったボジョレーヌーボーの味に関する発表を行った。

 ワインアベニューはイノベーションキッチン提供する11月14日公開のワインのポータルサイト。味覚センサーを活用し、味を数値化したデータを提供する味香り戦略研究所のデータ提供により、約400本のワインデータを提供するほか、「ワインキュレ」と呼ぶワイン好きの一般ユーザーのレコメンドにより、ユーザー自身に最適なワインを探すことができる。

 味香り戦略研究所の味覚センサーは、九州大学都甲研究室が開発し、インテリジェントセンサーテクノロジーが製品化したもの。うまみ、甘み、酸味、塩味、苦みと渋みという6つの要素を数値化して測定できる。

 両社ではその味覚センサーでの計測データを元に、個人の味覚にあったワインを選別するアルゴリズムを開発。ユーザーに対しては10件の質問をもとに「Wild」「Impression」「Natural」「Elegant」の4つの属性に分類し、計測データと属性を元に、最適なワインやレストラン情報などを提供する。

 今回発表されたボジョレーヌーボーの味に関する発表も、その数値化されたデータを使ったもの。味香り戦略研究所では2006年より計2万種類以上の食品に関する数値データを持っており、コンビニエンスストアなどで販売するボジョレーヌーボー各銘柄の味に関する2007年と2008年の比較は以下のとおりとなった。

味覚センサーでの計測結果をもとにしたボジョレーヌーボー各銘柄の味の推移※クリックすると拡大します
  • このエントリーをはてなブックマークに追加