ぺんてる、手書き文字をデジタル化できる「airpen」の小型版を発売

エースラッシュ2008年11月20日 17時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ぺんてるは11月20日、デジタルペン「airpen」の小型版「airpenMINI」を11月28日に発売すると発表した。

 airpenMINIは、受信ユニットと多機能デジタルペンで構成される製品で、紙に手書きした文字をデジタルデータ化する機能を持っている。ペン先には専用設計の感圧スイッチを採用することで、一般的なデジタルペンが持つ沈み込む感覚をなくしている。また、ペン先から発する超音波と赤外線を受信する受信ユニットは従来の約3分の1に小型化された。

 受信ユニットはクリップ式で、任意のノートや用紙を挟んで利用可能だ。利用可能な用紙はA4サイズまで。パソコンにはUSB接続でデータを送るが、2Mバイトのメモリを内蔵しており単独でA5サイズ約100ページ分のデータを保持することができる。文字は専用ソフトによってテキスト変換可能で、図はBMP、JPEG、ベクターデータへと変換される。

 また、airpenシリーズで利用できるサービスとして「ふみくらぶ」が11月28日より開始される。ぺんてると見果てぬ夢による共同サービスで、手書きグリーティングメールと手書きスケジュールが無償で使える。まずはairpenMINIユーザー限定で開始し、2009年4月をめどにairpenMINI以外のairpenユーザーも対象としたサービスにする予定。

「airpenMINI」 「airpenMINI」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加