News Corp.マードック氏が指摘する「既存メディア衰退の原因」

文:Charles Cooper(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年11月19日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新聞の部数が減少し、事態がますます悪化すると予想されている中、Rupert Murdoch氏は、読者の信頼および忠誠心を失った記者や編集者を振り払うことができれば、業界にはまだ明るい未来があるかもしれないと述べた。

 「わたしは、既存メディアがインターネットに対応する方法についてこう考える。つまり、時代遅れになったかもしれないのは、新聞ではないのだと。それはむしろ、読者とのきずなという新聞の最も貴重な財産を忘れている一部の編集者、記者、経営者の方だ」とNews Corp.の会長兼最高経営責任者(CEO)であるMurdoch氏は述べた。同氏のこの発言は、Australian Broadcast Corporationが提供している講演番組の一環として行われたものだ。

Rupert Murdoch氏 Rupert Murdoch氏
提供:Dan Farber

 MySpaceやWall Street Journalなどを傘下に収めるNews Corp.のMurdoch氏は、一部のニュース編集室での「自己満足と恩着せがましさ」の風潮を批判した。

 「自己満足の原因は独占を謳歌(おうか)していたことで、今になって、かつて当たり前のように獲得していた読者を得るために競り勝たなければならないことを知ったということだ。それよりもさらに大きい問題は、多くの編集者や記者、経営者が読者に示す恩着せがましさだ。顧客を軽蔑していたら、いつかなかなか商品を買ってもらえないときがくるのは、誰にでもわかる。新聞も例外ではない」(Murdoch氏)

 77歳になるMurdoch氏は、1952年に父親の死によって、Adelaide Newsを引き継がなければならなくなったことから始まった、新聞業界での長いキャリアを思い起こし、業界は、テクノロジによってもたらされた変化に創造的に対応できなかったと述べた。

 「かつては、何がニュースで、何がそうではないかを判断できるのは一握りの編集者だけで、彼らは一種の神のように振る舞っていた。彼らが記事を掲載すれば、それがニュースになり、彼らが出来事を無視すれば、その出来事はそもそも起こらなかったことになる。今では、編集者はこのような力を失いつつある。たとえば、インターネットでは、編集者が無視したかもしれない出来事に関する多くの情報源にアクセスできる。そして、それに満足できなければ、自分のブログを立ち上げて、自分でそのニュースを取り上げ、コメントすることができる。ジャーナリストは、自身は番人であると思いがちだが、一般の人々が彼らに説明を求めても、必ずしもきちんと対応してきたとは限らない」(Murdoch氏)

 主張の一環として、Murdoch氏は、CBS Newsの元キャスターであったDan Rather氏による、Bush米大統領が州兵時代に兵役を逃れたとする「60 Minutes」の報道のうそをブロガーが暴いたときのメディアの反応を批判した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加