logo

サン、Macにネイティブ対応した「StarOffice 9」を発売

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2008年11月18日 07時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sun Microsystemsは、最新版の生産性スイート「StarOffice 9」で、Macのネイティブサポートを追加した。

 市場を独占するMicrosoftの「Office」パッケージへの対抗ソフトウェアとなる「StarOffice 9」の販売価格は、個人ユーザー向けが35ドル、ビジネスユーザー向けが、1ユーザー当たり25ドルに設定されている。

 StarOffice 9はオープンソースであり、そのコードは、10月にリリースされたばかりの「OpenOffice.org 3.0」と同じものである。

 Macを新たにサポートしたことに加えて、StarOffice 9では、Microsoftの「Office 2007」文書フォーマットとなるOffice Open XML(OOXML)ファイルの閲覧に対応している。しかしながら、OOXMLファイルの編集には対応していない。

 StarOfficeのプロダクトマネージャーであるIyer Venkatesan氏は、市場での要求やリクエストに応じて、OOXMLファイルの編集機能が追加される可能性はあるとしたものの、現時点では、同機能の追加が早急に行われる予定はないと述べた。

 なお、OpenDocument Format(ODF)およびPDFファイルは、閲覧、編集ともに標準でサポートされている。

 Sunは新たなコスト削減計画の一環として、数千人規模の人員削減の準備を進めている。StarOfficeは、「Google Docs」「ThinkFree Office」、無料または低価格版の「Microsoft Works」、まもなくリリースされるウェブベースの「Microsoft Office」新バージョンなど、ローエンドの生産性スイート市場での、さまざまな製品との非常に厳しい競争を強いられている。

 米国時間11月14日にリリースされた、調査によれば、「Microsoft Word」は、インターネットユーザーの約半数が利用しているのに対して、OpenOfficeのユーザーの割合は、約5%に過ぎない。ClickStream Technologiesが実施した同調査では、Google Docsのユーザーは、インターネットユーザー全体の約1%とされている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集