logo

ウェブ版Office、MacやiPhoneでも利用可能へ

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年11月13日 15時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoft関連のブログで今週、ウェブ版OfficeはWindowsや「Internet Explorer」に限定されないことをあらためて述べられている。

 ブロガーであるSarah Perez氏は、MicrosoftのChannel 10へのブログ投稿で、「Office Web Application」は「Firefox」と「Safari」に対応するため、Linuxや「iPhone」からもアクセスできると記している。

 Perez氏はまた、MicrosoftがAdobe Systemsの「Flash」に対抗する「Silverlight」の使用を要求する予定はないことにも言及している。

 Perez氏はQ&A形式のブログ記事で、「Silverlightを利用する必要はない。だが、Silverlightにより、画像がよりシャープになりレンダリングを強化できるため、結果としてより優れたユーザーエクスペリエンスを提供できるだろう。『Office Live Workspace』では、マルチファイルアップロード機能でSilverlight技術を統合しており、優れたエクスペリエンスを提供している」と記している。

 Microsoftはこれまでに、ウェブ版Officeの技術プレビュー版を年内にリリースする予定だと述べている。Microsoftは無償版の提供については明言していないが、同社幹部は以前、ウェブ版Officeは「Office Live」の一部となる予定だと述べていた。Office Liveには、無償版と有料サブスクリプション版の2種類がある。筆者の予想と同様に、Perez氏もこれは無償版と有料版の2つがあることを意味すると記している。

 法人向けとしては、Microsoftは、Office Web Applicationを「SharePoint」と結びつける計画だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集