フォトレポート:お疲れ様、Phoenix--活動停止の火星探査機を振り返る

文:Daniel Terdiman(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年11月13日 12時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  米航空宇宙局(NASA)は米国時間11月10日、火星探査機「Phoenix」からの通信がもはや受信されることはない、と発表した。同探査機は、5カ月以上にわたって任務を遂行した。この予期されていた出来事は、太陽電池の充電に十分な光が得られない地域で発生した。

 この画像は、2006年9月にデンバーのLockheed Martin Space Systemsで撮影された。専門家らが、試験用に2枚の太陽電池パネルを広げた状態でPhoenixを検査している。
Scroll Right Scroll Left

  米航空宇宙局(NASA)は米国時間11月10日、火星探査機「Phoenix」からの通信がもはや受信されることはない、と発表した。同探査機は、5カ月以上にわたって任務を遂行した。この予期されていた出来事は、太陽電池の充電に十分な光が得られない地域で発生した。

 この画像は、2006年9月にデンバーのLockheed Martin Space Systemsで撮影された。専門家らが、試験用に2枚の太陽電池パネルを広げた状態でPhoenixを検査している。

提供:NASA/JPL/UA/Lockheed Martin

  米航空宇宙局(NASA)は米国時間11月10日、火星探査機「Phoenix」からの通信がもはや受信されることはない、と発表した。同探査機は、5カ月以上にわたって任務を遂行した。この予期されていた出来事は、太陽電池の充電に十分な光が得られない地域で発生した。  この画像は、2006年9月にデンバーのLockheed Martin Space Systemsで撮影された。専門家らが、試験用に2枚の太陽電池パネルを広げた状態でPhoenixを検査している。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加