logo

東芝、AVノートPC「Qosmio F50W/85GW」に250Gバイトの大容量HDD搭載モデル

エースラッシュ2008年11月12日 19時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は11月12日、AVノートPC「Qosmio F50W/85GW」に250Gバイトの大容量ハードディスク(HDD)搭載モデルをラインアップした。12月中旬から同社直販サイト「東芝ダイレクトPC」にて発売する。

 Qosmio F50W/85GWは、独自開発の画像処理エンジン「TOSHIBA Quad Core HD Processor SpursEngine SE1000」を備えたAV機能重視のノートPCだ。大容量250GバイトのHDDを搭載することで、より多くのデジタルコンテンツが保存可能になった。

 HDD以外の主なスペックはインテル Core 2 Duo P8400(2.26GHz)、2Gバイトメモリ、1280×800ドット表示の15.4型ワイド液晶、NVIDIA GeForce 9600M GT、地上デジタルテレビチューナー、IEEE802.11b/g/n ドラフト2.0準拠の無線LAN、FeliCaポートなど。

 同社直販サイト「東芝ダイレクトPC」にて販売され、ラインアップおよび価格はOffice非搭載モデル「PQF50W85GLN20W」が21万8800円で、横スクロール機能付光学式マウス同梱の「PQF50W85GLN21W」が22万800円。Office Personal 2007 with PowerPoint 2007プレインストールモデルについては「PQF50W85GLR20W」が24万3800円で、横スクロール機能付光学式マウス同梱の「PQF50W85GLR21W」が24万5800円となっている。

AVノートPC「Qosmio F50W/85GW」 AVノートPC「Qosmio F50W/85GW」

-PR-企画特集