米ヤフー、「Yahoo Buzz」にソーシャル機能を追加

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年11月10日 11時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 面白いウェブサイトを探したり、世間の目を向けさせたりするのに使われるYahooの「Buzz」サービス。このサービスがYahoo Open Strategyへの対応を深めている。

 Yahooの米国時間11月6日付けの発表によると、Yahoo Buzzの「Updates」セクションに、知り合いの興味を持ったサイトが表示されるようになったという。さらに、ユーザーはパーソナライズされたBuzzページを友人と共有し、投稿した記事や、投票した記事、残したコメントなどを見せ合うことができる。

 「Yahooネットワークの内外で起きているソーシャルなインタラクションをやりとり可能にすることで、意味のあるエクスペリエンスを提供したい」とYahooの声明には書かれている。

 また、現在ベータの段階にある「Yahoo Messenger」の新版は、記事投稿などの知り合いの活動をYahoo Open Strategyを介して通知してくれるようになった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加