logo

フォトレポート:7体の「アンドロイド」と企業ITへの教訓

文:Rupert Goodwins(ZDNet.co.uk)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年11月27日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Googleが携帯電話プラットフォームのブランド名に「Android」を選択したことは興味深く、示唆に富んでいる。多かれ少なかれ人間のような外観をしたアンドロイドは、フィクションの世界において、物事がバランスを失うと問題を引き起こす可能性がある人間の側面を強調した、印象深い戒めの物語を伝える手段として使われている。中でも、悪事を働かないと約束する強力な存在が約束を守れない、あるいは守らない場合、特に危険になることがある。

 以下のページでは、フィクションの中で最も印象的なアンドロイド7体と、その物語が現代企業のITにもたらす教訓を取り上げる。
Scroll Right Scroll Left

 Googleが携帯電話プラットフォームのブランド名に「Android」を選択したことは興味深く、示唆に富んでいる。多かれ少なかれ人間のような外観をしたアンドロイドは、フィクションの世界において、物事がバランスを失うと問題を引き起こす可能性がある人間の側面を強調した、印象深い戒めの物語を伝える手段として使われている。中でも、悪事を働かないと約束する強力な存在が約束を守れない、あるいは守らない場合、特に危険になることがある。

 以下のページでは、フィクションの中で最も印象的なアンドロイド7体と、その物語が現代企業のITにもたらす教訓を取り上げる。

 Googleが携帯電話プラットフォームのブランド名に「Android」を選択したことは興味深く、示唆に富んでいる。多かれ少なかれ人間のような外観をしたアンドロイドは、フィクションの世界において、物事がバランスを失うと問題を引き起こす可能性がある人間の側面を強調した、印象深い戒めの物語を伝える手段として使われている。中でも、悪事を働かないと約束する強力な存在が約束を守れない、あるいは守らない場合、特に危険になることがある。  以下のページでは、フィクションの中で最も印象的なアンドロイド7体と、その物語が現代企業のITにもたらす教訓を取り上げる。

-PR-企画特集