logo

ティアック「LP-R500」--アナログプレーヤーにCD、カセット、チューナーを一体化

加納恵(編集部)2008年11月06日 13時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ティアックは11月6日、アナログレコードプレーヤーにCDレコーダー、カセット、AM/FMチューナーを一体化したターンテーブル&カセット付CDレコーダー「LP-R500」を発表した。12月上旬から発売される。価格はオープンだが、店頭想定価格は7万円前後の見込みだ。

 LP-R500は、高さ230mm×幅470mm×奥行き390mmのボディに、レコーダープレーヤー、カセット、AM/FMチューナー、CDレコーダーを内蔵したオールインワンモデル。レコード、カセット、AM/FMチューナーの音源をCD-R/RWに録音できるという。カセットは再生のみに対応しており、録音はできない。

 本体にはオーディオ入出力端子を各1系統ずつ装備しており、外部入力によるCD録音もサポート。アナログレコードはEPやLPだけでなく、78回転のSP盤も再生可能だ。

「LP-R500」 「LP-R500」

-PR-企画特集