logo

アップルの注目特許10件--未来の製品を占う

文:Seb Janacek(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年11月21日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 おそらく単なる技術企業ではないAppleは、今後も革新的な製品で世間を驚かせ、楽しませるだろう。

 これらの多くの裏側にあるコンセプトは特許を取得している。よって、Appleのデザインチームの内情を探るため、silicon.comでは、Appleがここ数年に提出した最も興味深い特許申請10件をまとめ、評価した。

 これらのアイデアの多くは決して日の目を見ることはないだろうが、おもしろいアイデアや、今後の可能性を示唆するアイデアだ。

クラムシェル型「iPhone」

 現在のiPhoneに代わる興味をそそるデザインの折りたたみ式デバイスは、基本的には、2つのタッチスクリーン(うち1つは透明)を搭載したクラムシェル型携帯電話だ。特許では、このデバイスのテクノロジを説明するのに、「両面トラックパッド」という言葉が使われている。基本的に、携帯電話の下半分は透明で、iPhoneのディスプレイそのままの上半分に折り重ねてたたむことができる。下半分の透明なタッチスクリーンは、折りたたんだときもそうでないときも、タッチコントロールとして使用できる。

 図を見ると、下半分は入力専用で、上半分はディスプレイに充てられている。おそらく、これは、実行する機能が必要とするか否かに関係なく、物理的な「スペース」の半分が入力に割り当てられるデバイスについてSteve Jobs氏が不満を述べたため、没にされたデザインだろう。

評価:10点満点中2点
少々複雑で、つかみ所がないように思われる。
Scroll Right Scroll Left

 おそらく単なる技術企業ではないAppleは、今後も革新的な製品で世間を驚かせ、楽しませるだろう。

 これらの多くの裏側にあるコンセプトは特許を取得している。よって、Appleのデザインチームの内情を探るため、silicon.comでは、Appleがここ数年に提出した最も興味深い特許申請10件をまとめ、評価した。

 これらのアイデアの多くは決して日の目を見ることはないだろうが、おもしろいアイデアや、今後の可能性を示唆するアイデアだ。

クラムシェル型「iPhone」

 現在のiPhoneに代わる興味をそそるデザインの折りたたみ式デバイスは、基本的には、2つのタッチスクリーン(うち1つは透明)を搭載したクラムシェル型携帯電話だ。特許では、このデバイスのテクノロジを説明するのに、「両面トラックパッド」という言葉が使われている。基本的に、携帯電話の下半分は透明で、iPhoneのディスプレイそのままの上半分に折り重ねてたたむことができる。下半分の透明なタッチスクリーンは、折りたたんだときもそうでないときも、タッチコントロールとして使用できる。

 図を見ると、下半分は入力専用で、上半分はディスプレイに充てられている。おそらく、これは、実行する機能が必要とするか否かに関係なく、物理的な「スペース」の半分が入力に割り当てられるデバイスについてSteve Jobs氏が不満を述べたため、没にされたデザインだろう。

評価:10点満点中2点
少々複雑で、つかみ所がないように思われる。

提供:US Patent and Trademark Office

 おそらく単なる技術企業ではないAppleは、今後も革新的な製品で世間を驚かせ、楽しませるだろう。  これらの多くの裏側にあるコンセプトは特許を取得している。よって、Appleのデザインチームの内情を探るため、silicon.comでは、Appleがここ数年に提出した最も興味深い特許申請10件をまとめ、評価した。  これらのアイデアの多くは決して日の目を見ることはないだろうが、おもしろいアイデアや、今後の可能性を示唆するアイデアだ。 クラムシェル型「iPhone」  現在のiPhoneに代わる興味をそそるデザインの折りたたみ式デバイスは、基本的には、2つのタッチスクリーン(うち1つは透明)を搭載したクラムシェル型携帯電話だ。特許では、このデバイスのテクノロジを説明するのに、「両面トラックパッド」という言葉が使われている。基本的に、携帯電話の下半分は透明で、iPhoneのディスプレイそのままの上半分に折り重ねてたたむことができる。下半分の透明なタッチスクリーンは、折りたたんだときもそうでないときも、タッチコントロールとして使用できる。  図を見ると、下半分は入力専用で、上半分はディスプレイに充てられている。おそらく、これは、実行する機能が必要とするか否かに関係なく、物理的な「スペース」の半分が入力に割り当てられるデバイスについてSteve Jobs氏が不満を述べたため、没にされたデザインだろう。 評価:10点満点中2点 少々複雑で、つかみ所がないように思われる。

-PR-企画特集