マウスコンピューターとベスト電器、45nmテクノロジー採用デスクトップPC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マウスコンピューター(小松永門社長)とベスト電器(濱田孝社長)は10月30日、インテル45nmテクノロジー採用のCPUやマイクロソフトのオフィスソフト最新版を搭載したデスクトップPC「BE-SL20W」を、11月5日に発売すると発表した。iiyamaブランドの20インチワイド光沢液晶ディスプレイのセット販売で、価格は13万9800円。ベスト電器で販売する。

 CPUに45nmテクノロジーを採用したCore 2 Duo E8400(3GHz)を採用。負荷のかかるオンラインゲームにもストレスなく対応できるパフォーマンスを発揮するという。オフィスソフト「Office Personal 2007 with PowerPoint 2007」をインストールしている。

 メモリは4GB、HDD容量500GB、DVDスーパーマルチドライブを搭載。OSはWindows Vista Home Premium with Service Pack 1。本体サイズは幅100×高さ364×奥行き393mmのスリムタイプ。

 365日24時間電話テクニカルサポートサービス、1年間無償保証が標準で付属されている。

マウスコンピューター=http://www.mouse-jp.co.jp
ベスト電器=http://www.bestdenki.ne.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加