logo

技術職を失ったときに試したい14のこと--経済危機を乗り切るために - (page 2)

文:Rafe Needleman(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年10月30日 07時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7. 恋人を作る

 仕事がないからといって、落ち込むことはない。それでもいくらかの金を稼ぐことはできるし、これまでよりも思い通りに予定を立てられる。また、新たに得た時間を新しい恋人と一緒に過ごすことができる。ただし、その恋人が1日18時間労働のエンジニアの仕事に就いていなければの話だが。

8. 激戦州の選挙運動に参加する

 ただし、急ぐこと。

9. 休みを取る

 「たとえ数日でも、少しお金をかけて、メキシコの海辺の町まで旅行するとよい。メキシコへは気軽に行くことができるし、生活費が安く済むかもしれない。また、ビーチに寝そべって、残りのキャリアで何をしたいのかゆっくり考えるのも悪くない方法だ。少なくとも、米国人よりもずっと少ない収入で何とかやっている人たちを目にすることができる」

10. ベイエリアから引っ越す

 単なる思いつきだが、ベイエリアは生活費が非常に高く、経済がテクノロジに大きく依存している。ほかのスキルがあれば、別の場所でよりよい市場を見つけることができるかもしれないし、生活費も安くなる。さらに、プロジェクトの仕事を続けることができる。

11. 道具を新調する

 もちろん、自分の財政状態を調べ、支出を切り詰めるという、当然だが不愉快な仕事をこなさなければならなくなるが、それと同時に、プロジェクトを得るためには、最新のツールが必要になる。自分の好みに合わせて設定された真新しいシステムなら、もっと積極的にこれらのプロジェクトに取り組むことができるだろう。

12. 写真を撮る

 家の中のものを撮影した写真素材をFotolia、ShutterStock、iStockphoto、StockXpertなどに売って、1500ドルのデジタル1眼レフを役立てよう。「従来のストック(フォト)市場と比べて、画像の購入価格は安いが、画像は何回も売ることができるので、長期的にはそれなりにもうけられるだろう。わたしは無理せずに収入を上げている。しかし、品質基準が上がってきているため、駄作はアップロードできない。最新モデルの写真を撮るようにするとよい」

13. ボランティア活動をする

 「ボランティア活動で、(リーダーシップなどの)新しいスキルや、新しいポートフォリオを構築できる。子供のボーイスカウト隊に利益を上げさせることができる人の方が、テレビ番組の再放送を見ながらCraigslistから金が支払われるのを待っているやつよりもずっと前向きだと思う」

14. 自分で会社を始める

 いくらか貯金があり、ごくわずかな金のために働く余裕があれば、会社を始める好機だ。現状では好景気に気をそらされる心配もないので、景気が上向いたときに人々が再び抱えることになると思われる問題を解決する製品の開発に集中できる。今でも、立ち上げたばかりの企業への財政的支援はある。何を開発すべきかは、読者への宿題としておこう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]