「生録」するならコレ! リニアPCMレコ高機能モデルの売れ筋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽器の演奏や乗り物の駆動音など、現場音をリアルに録音できるリニアPCMレコーダー。CDよりよい音質で手軽に録音できるのが特徴だ。音質の目安は、音声をアナログからデジタルに変換するきめ細かさを示す「サンプリング周波数」。民生用でも、プロがスタジオで録音するのと同じ音質の「96kHz/24bit」に対応するものもある。「BCNランキング」で人気モデルをチェックしよう。

●リニアPCMレコーダーって? 「サンプリング周波数」が目安

 リニアPCMレコーダーとは、アナログ音声を圧縮せずにデジタルで録音できるレコーダーのこと。会議などを録音するビジネス用途のICレコーダーとは利用シーンが異なり、ユーザーにはプロの音楽業界関係者、アマチュアながらバンドを組んでいる中高年の人たちなどが多い。さらに、鳥の鳴き声、流水音など自然の音を録音することに関心のある人など、音にとことんこだわりたい人に人気がある。

【図と記事詳細はこちら】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加