logo

QWERTYキーボードを標準搭載した新「PRADA Phone by LG」が正式発表

文:Dong Ngo(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2008年10月14日 07時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 もう1年以上も前になるが、われわれは初代「PRADA Phone」のレビュー記事を掲載した。そのデザインやスタイルへの高い満足度とは裏腹に、3Gサポートの欠如がネックとなっていた。しかしながら、LGは現地時間10月13日に、PRADA Phoneの次世代モデルの新発表を行った。多くの新機能の追加が明らかにされている。

 デザインに関しては、本体下部からスライドするQWERTY配列のキーボード搭載という点を除くと、初代モデルと、ほとんど変わりはないようだ。キーボードは非常にスリムであるため、初代モデルと比較して、電話機本体は、それほど分厚くなった感じはしない。

 携帯電話でもタイピングが好きな人にとっては、今回のキーボード搭載は大歓迎だろう。もちろん、引き続きスクリーン上に表示されるボタンをタッチして、初代モデルと同じように、電話をかけたりすることも可能だ。

 PRADA Phoneの他の新機能としては、テレビ電話、HTMLフルブラウザ、5メガピクセルのカメラ搭載、Wi-Fi対応などがある。

 新発表モデルのPRADA Phoneは、2008年第4四半期中に、欧州連合(EU)の主要な携帯電話会社から、600ユーロ(約820ドル)の価格で発売される予定である。現時点では、新モデルが米国市場に投入されるのかどうかや、その投入時期に関して、一切明らかにされていない。

PRADA Phone画像 提供:LG

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集