クロス・マーケティング、10月28日に東証マザーズへ新規上場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在は世界的な金融市場の混乱が続き、東京株式市場も歴史的な軟調相場が続く中、インターネット市場調査のクロス・マーケティングが10月28日に東証マザーズへ新規上場する。IPO(新規上場)マーケットで人気のネット関連銘柄だが、この市場環境でどこまで評価されるか、注目を集めそうだ。

 クロス・マーケティングは広告効果や新商品の評価、満足度調査などのインターネットリサーチを手掛ける。事業会社などの依頼を受け、管理子会社が保有する121万人(2008年8月末時点)のモニターへ調査を行っている。

 株式公開承認時に開示した2008年12月期の業績計画は、連結売上高が28億6800万円(前期実績比17.9%増)、経常利益は4億6100万円(同35.8%増)、最終利益は2億5600万円(同36.2%増)。株式公開費用を吸収しての3割増益は、高く評価される数字だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加