logo

SiZEN、2chステレオを5.1chサラウンドに変えるサラウンドメイトなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SiZEN(EddyTsai社長)は、2chステレオを、5.1chサラウンドに変えることができるサラウンドメイト「iM10」と、ヘッドセット「HP20」を10月下旬に発売する。価格はオープン。同社直販サイトでの価格は「iM10」が9240円、「HP20」が1万6590円。

 2製品ともに、2chステレオ音源から5.1chサラウンドのサウンドを創り出す技術「Euphony(ユーフォニー)」を搭載し、原音に近い奥行きのある音を再現する。

 「iM10」は、携帯オーディオとヘッドホンの間に挿入して使用するサラウンドメイト。3.5mmステレオミニジャックを備えているので、携帯オーディオのほか、携帯電話やノートPCなどで使用可能。また、スピーカーにも出力できる。電源はUSB充電のリチウムポリマー電池を内蔵する。カラーはブラック、ホワイト、グレイ、ブルー、グリーン、ピンクの6色。

 「HP20」は、背景の雑音を最大80%削減する「アクティブノイズキャンセリング機能」を搭載したヘッドセット。付属のコントローラで「映画」「音楽」「オペラ」の3つのモードを選択できる。また、ヘッドセットをつけたまま外部の音を聞くことができる「モニターコントロール機能」のON/OFFボタンを本体に搭載する。日本で発売するカラーはブラックのみ。

SiZEN
「iM10」
「HP20」

-PR-企画特集