logo

4層12倍速Blu-ray Discに対応--三洋、450mWの青紫色半導体レーザーを開発

加納恵(編集部)2008年10月03日 17時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三洋電機は10月3日、世界最高出力となる450mWの青紫色半導体レーザーを開発したと発表した。これにより4層12倍速のBlu-ray Discへ記録が可能になるという。

 光ディスクの記録は、高速化と大容量(多層)化という2つの進化が求められている。現在Blu-ray Discには4層12倍速という規格が策定されているが、その最新ディスクに記録するにはパルス光出力450mW以上の青紫色レーザーの開発が必要であった。

 今回三洋電機が開発した高出力青紫色半導体レーザーは、端面保護膜技術、内部損失低減技術、高出力化技術という3つの新開発技術を採用することで、450mWの世界最高出力を実現したという。

 この新開発レーザー素子を使用すれば、4層12倍速記録に対応できるほか、1枚のディスク上に最長8時間のハイビジョン番組記録、2時間番組を10分でダビングなどが可能になるとのことだ。同社は「実用化については2、3年後」としている。

ーザー素子構造 レーザー素子構造
新開発された高出力青紫色半導体レーザー 新開発された高出力青紫色半導体レーザー

-PR-企画特集