フォトレポート:「CEATEC JAPAN 2008」で見かけたコンセプト携帯電話 - 11/11

文:CNET News.com Staff 翻訳校正:編集部2008年10月02日 13時51分
 NTTドコモの骨伝導レシーバマイク「サウンドリーフプラス」。携帯電話の受話器の役目を果たす。携帯電話とはBluetoothで接続し、ワイヤレスで利用できる。音の振動を骨から聴覚神経に伝えることにより、騒音場所などでの通話や聴覚などで悩む人のために開発された。本記事でとりあげた他のコンセプトモデルとは異なり、日本で実際に販売されている。
Scroll Right Scroll Left

 NTTドコモの骨伝導レシーバマイク「サウンドリーフプラス」。携帯電話の受話器の役目を果たす。携帯電話とはBluetoothで接続し、ワイヤレスで利用できる。音の振動を骨から聴覚神経に伝えることにより、騒音場所などでの通話や聴覚などで悩む人のために開発された。本記事でとりあげた他のコンセプトモデルとは異なり、日本で実際に販売されている。

提供:Erica Ogg/CNET Networks

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]