オリンピック一色の8月?いいえ、ケフィアです。

中村義哉(ネットレイティングス アナリスト)2008年10月01日 11時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オリンピックに沸いた 8月。弊社、視聴率月間ランキングの急上昇サイトもオリンピック一色であったが、その中に健康食品通販の「スッキリライフ通販」や「やずや」がランクインしていた。

 9月には、印象に残るネットスラングについてのアンケートで、やずやのテレビCM「千年ケフィア」で使用されたコピー「いいえ、ケフィアです。」が1位となったのも記憶に新しい。

 健康食品カテゴリでの2008年8月の上位5ドメインは以下となる。

利用者数と一人当たり利用時間
ドメイン利用者数(単位:千人)一人当たりの利用時間(分:秒)
サントリー健康食品(suntory-kenko.com)1,07401:36
やずや(yazuya.com)1,02402:18
山田養蜂場(3838.com)82200:54
スッキリライフ通販(sukkiri-life.com)79801:23
ハウスの通販(652329.jp)71901:32
Source:Nielsen Online NetView 2008年8月 家庭からのアクセス

 そこで、今回は健康食品サイトの利用動向をみていくことにする。

 まずは、各社の商品展開の概要を押さえておきたい。

 サントリー健康食品は、サントリーがはじめた健康食品通販、ゴマに含まれる健康成分を取り入れた「セサミンE 」などが有名である。やずやは、前述した「千年ケフィア」のほか、「香醋」「にんにく卵黄」などの商品がある。山田養蜂場は、ミツバチの巣からとれる「ローヤルゼリー」や「プロポリス」を用いた健康食品、化粧品を展開し、スッキリライフ通販は、ハーブ健康本舗が運営、ハーブを使った商品が中心。ハウスの通販は、飲料の「ウコンの力」でもおなじみの「ウコン」や「コラーゲン」を使用した商品を展開している。

 利用者数では、サントリー健康食品、やずやが約100万人を集め、次いで、山田養蜂場の82万人となった。各社ともバナー広告、懸賞・ポイント系サイトを積極的に活用し、お試しキャンペーンへの誘導へ力を入れていた。

 一人当たりの利用時間をみると、やずやが2分18秒と5社の中では最も長い。下記、利用時間の分布で詳細を比較すると、やずやの1分未満の利用者が58%と他社と比べ少ない。また、同サイトの人気ページでは申込ページも上位となっている。一般的に、懸賞・ポイント系サイトを利用すると、景品・ポイント獲得目的のユーザーが増加するため、1分未満の構成比が上がる傾向にあるが、やずやでは、利用者を上手く申込まで誘導できているようだ。

利用時間の分布(単位:%)
サブドメイン1分未満1-4分5-9分10-19分20-39分40分以上
サントリー健康食品73195110
やずや58279510
山田養蜂場83132110
スッキリライフ通販8881211
ハウスの通販77164111
Source:Nielsen Online NetView 2008年8月 家庭からのアクセス

 次に、各社のユーザープロフィールをみてみよう。

利用者属性(単位:%)
性別男性女性
サントリー健康食品5842
やずや4852
山田養蜂場4852
スッキリライフ通販3763
ハウスの通販6040
利用者属性 Source:Nielsen Online NetView 2008年8月 家庭からのアクセス

 性別では、サントリー健康食品、ハウスの通販は男性の割合が多く、やずや、山田養蜂場は女性が多い。スッキリライフ通販では、扱う商品の特性上、女性が63%と多くなっている。

 年代別に見ると各社とも40代が中心となり、特に山田養蜂場では40代が50%弱と最大のボリュームゾーンとなっている。また、やずや、山田養蜂場では30代前半の利用者も一割ほどみられる。

 以上、健康食品サイトの動向をみてきた。

 特にやずやに関しては、周知のとおり、テレビCMも積極的に展開し、最近ではモバイル広告も活用し始めているようであるが、懸賞・ポイント系サイトも有効な媒体の1つとして機能しているようだ。

 健康食品は、購買までのプロセスで試用というステップが重要になる分、懸賞・ポイント系サイトとの親和性が高いカテゴリと言えるのではないだろうか。

ネットレイティングス アナリスト 中村 義哉
ネット視聴率:無作為抽出による募集を経て構成される世界最大のインターネットパネルから最新の高度なユーザー行動測定技術でリアルタイムにオンライン行動情報を記録、ニールセングループが50年以上にわたり集積した豊富な経験と解析技術を用いて提供されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加