logo

住基カードもケータイに?--KDDIが対応試作機を開発

永井美智子(編集部) 井上真花(マイカ)2008年09月25日 19時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは、NFC(Near Field Communication)と呼ばれる非接触通信機能を搭載した端末と、各種のサービスアプリケーションを搭載できるUIM(SIM)カードを試作した。

 この試作機を使って実験したところ、国際標準ISO/IEC14443タイプA/Bに準拠した国際クレジットブランドの仕様に基づく、複数の非接触クレジット決済アプリケーションが携帯電話上で正常に動作した。UIMカード上にサービスアプリケーションを搭載することで、機種変更をしてもカードを差し替えるだけで同じサービスを継続して利用できるようになる。

 なお、タイプBは住民基本台帳カードや運転免許証、パスポートなどで採用されており、タイプAはたばこの自動販売機で使われるtaspoなどで採用されている。KDDIは、これらの公的カードと携帯電話との連携の可能性を今後検討していくという。

-PR-企画特集