MS、「Windows 7」プレベータ版を開発者向けイベントで配布へ

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2008年09月25日 06時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間9月24日、10月に同社が主催するカンファレンスへの出席者に、初期バージョンの「Windows 7」を配布する予定であることを明らかにした。

 Microsoftは公式ブログへの投稿で、10月27日〜30日にロサンゼルスで開催予定のProfessional Developers Conference(PDC)において、出席者に対してWindows 7のプレベータ版を提供する予定だと述べている。

 「PDC 2008で配布されるWindows 7では、カーネル、ネットワーク、ハードウェア、デバイス、ユーザーインターフェースを含む、最先端のWindowsの全容が分かるだろう」と、Microsoftは述べている。

 すでにCNET Newsが取り上げていたように、Windows 7の中には、「Windows Vista」で搭載されていた、電子メール、画像編集、動画作成などのアプリケーションは含まれないようだ。代わりにMicrosoftは、ダウンロード可能な「Windows Live」アプリケーションの形で提供を行う計画である。

 Windows 7の一般向けリリースの日付としては、2009年後半が、現時点での有力候補である。

 ZDNetブロガーのMary Jo Foley氏は24日午前に、すでに上記 のブログ投稿や、PDCで予定されているWindows 7関連のセッションについて取り上げている。このほどリリースされたばかりの、Windows 7の最新ビルドのスクリーンショット画像も、さまざまなファンサイトなどで出回ってきている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加