logo

「iPhone 3G」の販売台数、500万台に--Piper Jaffray調べ

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年09月24日 12時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの「iPhone 3G」の今四半期における販売台数が500万台になるとの見積もりが発表された。

 発売開始後の最初の週末における全世界での販売台数が100万台ということはすでに明らかになっていた。Piper Jaffrayが米国時間9月22日に発表したリサートノートによると、400万台がその後販売されたという。Appleは、同社第4四半期の決算をこれから約1カ月のうちに発表する予定で、そこで正式な合計台数も明らかになるだろう。

 発売当日の問題やiPhoneの2.0ソフトウェアのバグにも関わらず、同携帯電話への関心は高いようだ。また、現時点での大きな要素として、発売当初に比べ、iPhoneを正式に発売している国が大幅に増えている点がある。

 注目すべきは1000万台という数字で、これはAppleが2008年の目標として一貫して掲げている数字だ。もし500万台という見積もりが正確ならば、1000万台は十分狙える範囲にあると思われる。Appleは、2008年前半で約250万台を販売しており、当時、初代iPhoneは売り切れ状態となっていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集