logo

ケータイGPSでタクシーの位置情報を管理、トランが実験--ソフトバンクモバイル網を活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トランは、ソフトバンクモバイルおよび、ソフトバンクテレコムの通信網を利用し、携帯電話のGPS情報を活用してタクシーの位置情報を管理するサービス「らくらく位置情報サービス」の実証実験を、9月20日よりANZEN Groupのタクシーで開始する。

 らくらく位置情報サービスは、タクシーの位置情報付の動態情報などを、個人や企業、団体にASPとして提供するもの。タクシー車両をGPS対応にできるほか、実車/空車情報や燃費情報の管理や、渋滞や天候などの情報収集ができる。

 このシステムを利用することで、タクシー客の位置情報と、タクシーの位置情報をリアルタイムでマッチングし、自動配車が可能となる。乗車効率と利便性が向上するとともに、タクシー会社ごとに開発しているシステムを共有化することで、経費削減とシステムの同時対応ができるとしている。

 タクシー会社の通信インフラとして一般的な業務用のアナログ無線が2011年に廃止されることから、アナログ無線にかわる通信インフラとして、ソフトバンクモバイルの第3世代携帯電話網、およびソフトバンクテレコムの通信網を利用する。従来のデジタル無線と同等以上の動態管理に加えて、クレジットカードや電子マネーによる決済も低コストで実現するとしている。

 なお、サービスの提供は2008年12月を予定。9月から申し込みを受け付ける。トランでは今後、このGPSと通信インフラを利用して、タクシー業界以外にも、バス、トラック、移動販売業界向けにもシステムを開発し、順次提供していく予定だ。

-PR-企画特集