logo

ソニー、新開発「SXRD」を搭載した〈ブラビア〉ビデオプロジェクター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは9月18日、独自のフルハイビジョンパネル「SXRD」を搭載した〈ブラビア〉ビデオプロジェクター「VPL-VW80」と「VPL-HW10」の2機種を発表した。VPL-VW80は11月20日から、VPL-HW10は10月20日から販売を開始する。価格はVPL-VW80が75万6000円、VPL-HW10はオープン価格だが市場想定価格は30万円前後となる。

 VPL-VW80は、新開発のSXRDを搭載し、液晶駆動速度を2倍にした120Hzの「ハイフレームレート」表示を実現。動きの早い動画を滑らかに再生する「モーションフロー」とあいまり、滑らかでくっきりした映像を表現するという。6万対1の高コントラスト比により、深い黒と自然で豊かな階調の映像再現が可能だ。

 本機のハイフレームレート処理に最適化したフルデジタルの高画質回路「ブラビアエンジン2」を搭載。DVDソフトの映像はもちろん、Blu-ray DiscなどのHD映像も、色鮮やかで深みのある映像として映し出すとのこと。

 VPL-HW10は、SXRDを搭載したスタンダードモデル。本体デザインは滑らかな曲線を多用し、スタイリッシュに仕上げたという。レンズシフトの可動範囲は上下65%、左右25%にまで拡大することにより、設置場所の自由度を高めた。コントラスト比は3万対1。VPL-VW80と同様にファンノイズは約22デシベルまで低減した。

ビデオプロジェクター「VPL-VW80」と「VPL-HW10」 ビデオプロジェクター「VPL-VW80」と「VPL-HW10」

-PR-企画特集