マイクロソフト、ゲーム用マウスとキーボードとマウスのセット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは9月16日、ゲーム用マウス「Microsoft SideWinder X5 マウス」と、ワイヤレスキーボードとマウスのセット「Microsoft Wireless Laser Desktop 6000」「Microsoft Wireless Media Desktop 1000」を10月3日に発売すると発表した。

 「Microsoft SideWinder X5 マウス」は、ゲームに最適な操作性と耐久性をもつレーザー方式9ボタンマウス。センサー部には1秒間に最大7080回スキャンする高性能レーザーセンサーを採用。また、本体中央に配置されている3つのボタンで3つの解像度にワンクリックで切り替えて、ポインタの速度を変更することができる。サイズは縦129×横77.7×高さ40.9mmで、重さは約162g。税別価格は6600円。

 「Microsoft Wireless Laser Desktop 6000」は、透明素材を取り入れたデザインのワイヤレスキーボードと5ボタンワイヤレスレーザーマウスのセット。キーボードは、周囲が半透明でなめらかなカーブの形状をしたデザイン。頻繁に使うファイルやフォルダを割り当てることのできる5つのユーザー設定ホットキーや、Windows Vistaの機能にアクセスできるホットキーを搭載する。サイズは縦225×横487×高さ45.2mmで、重さは約1060g。同梱のマウスは、5つのボタンに「戻る」「閉じる」「拡大鏡」「Windows Vistaフリップ3Dボタン」など頻繁に使うコマンドを割り当てることができる。水平方向にもスクロール可能なチルトホイール機能を搭載。サイズは縦約124×横約69.8×高さ約42.1mmで、重さは約142g。税別価格は1万1000円。

 「Microsoft Wireless Media Desktop 1000」は、薄型ワイヤレスキーボードと光学式3ボタンワイヤレスマウスのセット。27MHzワイヤレス方式により、半径約1.8m以内での操作が可能。キーボードは静音タッチキーを採用。防滴仕様となっており、水がかかっても排出できる「ウォータードレイン」機能を搭載する。サイズは縦約190×横約454×高さ約28mmで、重さは約700g。マウスは解像度光学式テクノロジーを搭載し、より正確な動作を実現。サイズは縦約122×横約64.8×高さ約38.7mmで、重さは約131g。税別価格は5700円。

マイクロソフト=http://www.microsoft.com/japan/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加