音楽データ配布プログラム「Sound Master 2nd」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 有限責任中間法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は、ハイ ノルマ(High Norm) が提供する音楽データ配布プログラム「Sound Master 2nd」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が確認されたと発表した。この脆弱性が悪用されると、ユーザーのウェブブラウザ上で任意のスクリプトを実行される可能性がある。

 この脆弱性の影響を受けるシステムは、Sound Master 2nd Version 1.0.0となっている。ハイ ノルマ(High Norm)では、これらの脆弱性を修正した最新バージョン「Version 1.0.1」を公開しており、バージョンアップを推奨している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加