マイクロソフト、仮想化製品「Hyper-V Server 2008」を無償提供へ

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:佐藤卓、小林理子2008年09月09日 11時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間9月8日、同社のサーバ仮想化製品「Microsoft Hyper-V Server 2008」を無償提供する計画を発表した。

 ワシントン州レドモンドで開催の仮想化イベントに先立って、MicrosoftはHyper-V Server 2008を30日以内にウェブ経由で無償提供することを明らかにした。同社はこれまで、この製品を28ドルで販売する計画だった。

 また、Microsoftは同日、Hyper-V仮想化技術の次期バージョンにライブマイグレーション機能を組み込むことを明らかにした。ライブマイグレーションを利用すれば、企業ユーザーは、1つのサーバで実行中の仮想マシンを別のサーバに移動できるようになる。

 Microsoftによれば、この機能は「Windows Server 2008 R2」に搭載されるという。同社は元々、初期バージョンのHyper-V製品にライブマイクレーション機能を搭載するつもりだったが、出荷予定に間に合わせるために搭載を見送った。

 また、Microsoftは主要なコンピュータメーカー各社の話として、「Windows Server 2008」ベースのシステムを発注する顧客のほとんどすべてがHyper-Vの搭載を選択していると述べた。Hyper-Vの開発は6月に完了している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加