グーグル、MacおよびLinux版「Google Chrome」を開発中

文:Tim Ferguson(silicon.com) 翻訳校正:編集部2008年09月05日 11時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、同社ブラウザ「Google Chrome」について、MacおよびLinux版の開発を進めていることを明らかにした。

 GoogleのMac Blogへの投稿で、同社ソフトウェアエンジニアAmanda Walker氏は、Mac OS XおよびLinux版Chromeの開発が「積極的に進められている」と述べた。

 同プロジェクトは開始時にWindowsのみを対象としていたが、MacおよびLinuxの専門家がその後Chromeチームに加わったという。

 Walker氏は、次のように述べている。「開発が落ち着いた頃、MacおよびLinux開発者が加わり始め、両プラットフォームに取り組み始めた。両プラットフォームは、Windowsに対してよりも互いに多くの点で似ているが、プラットフォーム間でコードの共有が何とかできるようになり、その結果として開発スピードが多少速まった」

 Windows版Chromeの遺産があるにもかかわらず、Googleは、MacおよびLinux版について、Windows版の作り直しではなく、両プラットフォーム用に開発されることをすでに約束している。

 Walker氏は、「複数プラットフォームを念頭において書かれたコードであっても(Chromiumの大半はすでにそのようになっている)、思いこみという部分があり、他のプラットフォームで実際に稼働してみると問題となることがある。チームとして、このことは十分認識し、準備しており、すべてをWindowsでの動作に合わせるようにと指示するということはない」と書いている。

 MacおよびLinux版Chromeの完成時期については明らかにされていない。「完成日がいつになるかについて、形だけの日程を決めることはない」とWalker氏は付け加える。「確実な見積もりができるほど、十分な予測はできない」(Walker氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加