logo

グーグル、エクステンションAPIの計画を示唆

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年09月04日 12時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カリフォルニア州マウンテンビュー発--「Firefox」が当初から自慢していたことの1つは、多くのプラグインにより拡張が可能という事実であった。さらにMicrosoftがInternet Explorerで追い上げを見せてはいるが、Firefoxはエクステンションで、Googleの新ブラウザ「Chrome」に比べ、優位性を依然保っている。

 ただし、今のところはだ。

 「同ブラウザは、今はベータだが、エクステンションAPIの計画はもちろんある」。Googleプロダクトマネージメント担当バイスプレジデントSundar Pichai氏は米国時間9月2日、Chromeの発表イベントで、このように述べた。「次にやろうとしていることの1つだ」(Pichai氏)

 Firefoxのエクステンションは、機能的に広い領域をカバーし、ブックマークの同期からウェブサイトパフォーマンスのデバッグ、さらに、オンラインにある写真の露光データの詳細な表示などを可能とする。また、その拡張性は、多くのプログラマを引きつけてきた。このことは、コンピュータ関連の取り組みにおいて戦略上非常に大事である。

 Googleは、Firefoxのエクステンションという資産を魅力的と考えていることに間違いはない。もっとも、同社が、Firefoxのエクステンションで最も人気があり、広告を削除する「AdBlock Plus」のようなもののために熱意を持つとは考えにくいが。

 Googleは、ウェブユーザーに良い体験を提供することに焦点を強く当てており、実際、同社は、検索結果の横に置かれたテキスト広告をユーザーはエクスペリエンスの改善と見なしていることが研究から分かったと述べる。Googleの事業は広告に依存し、31億ドルのDoubleClick買収は、Googleにオンラインディスプレイ広告における力を与えるためのものだった。そして、AdBlockはそのような広告を制御するために作られている。

 エクステンションと関連技術であるプラグイン(Sun MicrosystemsのJava、MicrosoftのSilverlight、Adobe SystemsのFlashなどのソフトウェアはこれに含まれる)を混同してはいけない。Pichai氏は、既存のプラグインがChromeで動作すると述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集