logo

グーグル、Android搭載携帯電話アプリを配信する「Android Market」開設

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2008年08月29日 05時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間8月28日、オープンソースのOS「Android」を搭載した携帯電話向けのアプリケーションやコンテンツを検索、購入、ダウンロード、評価可能なオンラインセンター「Android Market」を立ち上げると発表した。

 開発者の注目を集めることこそ、Googleが主導するAndroidソフトウェアプロジェクトの目指すところであり、対応アプリケーションの開発者は、(Android Marketによって)スムーズに市場へ製品を投入することが可能になると、GoogleでAndroidプロジェクトに携わるEric Chu氏は、28日に公式ブログに記している

 「YouTubeと同様に、Android Marketでのコンテンツのリリースは、わずか3つの単純なステップを踏むだけで行える。業者登録を済ませ、コンテンツをアップロードしてから説明を加え、リリースするのだ。われわれが『Store』ではなく、『Market』という名称を採用したのは、開発者は、よりオープンで自由な環境下にてコンテンツをリリースするべきであると考えたからだ」と、Chu氏は述べている。

 最初のAndroid搭載携帯電話が年内にもリリース予定であるものの、Chu氏は、初期のAndroid Marketで配信される携帯電話アプリケーションが、無料のアプリケーション配布のみをサポートしたベータ版に限られるとの予測も明らかにした。その後のアップデートにより、さまざまなバージョンのアプリケーションが配信可能となり、異なるタイプのAndroid搭載携帯電話のサポートや、ダウンロード状況を開発者が把握できる分析リポートなどが提供されることになっている。

 今回の発表は、予想どおりの展開である。Googleは、5月に開催された「Google I/O」カンファレンスにて、Androidソフトウェアの集約されたアプリケーションストア提供計画を明らかにしていた。

Android対応携帯電話からアクセスしたAndroid Marketの様子 Android対応携帯電話からアクセスしたAndroid Marketの様子
提供:Google

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集