フォトレポート:IDFに展示されているウルトラモバイルPCの数々

文:Rafe Needleman(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年08月22日 16時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 今週、サンフランシスコで開催されているIntelの開発者会議Intel Developer Forum(IDF)の会場には、Intelの新型CPU「Atom」を搭載したウルトラモバイルコンピュータが10台以上展示されている。これらの大半は、オペレーティングシステム(OS)としてLinuxを搭載しているが、中にはオプションとしてWindows XPやVistaを搭載可能な端末も2、3台ある。Lenovo のIdeapad U8はLinuxを搭載し、テキスト入力にはテンキーと文字入力ソフトウェア「T9」を使用する。同機は現在、中国で発売されている。
Scroll Right Scroll Left

 今週、サンフランシスコで開催されているIntelの開発者会議Intel Developer Forum(IDF)の会場には、Intelの新型CPU「Atom」を搭載したウルトラモバイルコンピュータが10台以上展示されている。これらの大半は、オペレーティングシステム(OS)としてLinuxを搭載しているが、中にはオプションとしてWindows XPやVistaを搭載可能な端末も2、3台ある。Lenovo のIdeapad U8はLinuxを搭載し、テキスト入力にはテンキーと文字入力ソフトウェア「T9」を使用する。同機は現在、中国で発売されている。

提供:Rafe Needleman/CNET News

 今週、サンフランシスコで開催されているIntelの開発者会議Intel Developer Forum(IDF)の会場には、Intelの新型CPU「Atom」を搭載したウルトラモバイルコンピュータが10台以上展示されている。これらの大半は、オペレーティングシステム(OS)としてLinuxを搭載しているが、中にはオプションとしてWindows XPやVistaを搭載可能な端末も2、3台ある。Lenovo のIdeapad U8はLinuxを搭載し、テキスト入力にはテンキーと文字入力ソフトウェア「T9」を使用する。同機は現在、中国で発売されている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加