logo

北京五輪体操選手の年齢詐称疑惑--中国ネット検閲の実態も話題に

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年08月22日 13時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 あるセキュリティ研究者がGoogleと、百度(バイドゥ)を通じて複数の中国五輪代表の体操選手が出場資格よりも年齢が若いという証拠を明らかにした。

 複数の中国人体操選手が年齢資格を満たしていない証拠がネット上にあると最初に報じたのは、The New York Timesと思われる。

 3週間前にThe New York Timesは「中国の公式ウェブサイトで掲載されている体操選手の名前と年齢、さらには、公式ニュースメディアに掲載されている選手らの年齢といったネット情報が、パスポート情報と相違している。これらの資料は、何可欣選手と江?源選手の2名が14歳で、五輪の年齢資格よりも2歳若いことを示している」と報じた。

 続いて先週、Associated Presss(AP)が独自の証拠を見つけた。これによると、五輪が始まる9カ月前の新華社通信の報道では何可欣選手が13歳であることを示していたという。APはこのウェブページを保存したが、その日のうちにページへのアクセスは遮断されたと述べている。

 そして今週になり、「Stryde Hax」と名乗るセキュリティ研究者が、 ネット検索を通じ発見した選手の年齢の食い違いの詳細を明らかにした。この人物が集めたデータはThe New York TimesとAPの主張を裏付けるものだ。

 セキュリティ会社Intrepidus Groupに所属するコンサルタントと自称するStryde氏は米国時間8月19日、「何可欣」と「1994」(ネット上で明らかになっている複数の証拠から同選手の誕生年と思われる)の語を含むExcelのワークシートを、中国語のウェブサイトの中から検索でどう見つけ出したのかを記述している。

 中国政府の公式スポーツサイト上で、Stryde氏が見つけた検索結果は1つだけだった。だが、その検索結果をクリックすると、ページは削除されていた。また、何可欣選手の名前は検索結果のキャッシュからも削除されていた。

 Stryde氏は中国で最も人気のある検索サイト、バイドゥで検索したときも、キャッシュに何選手の誕生年である1994年と書かれたワークシートを2つ見つけたことを除けば、結果は同様だったとしている。同氏は読者にこのキャッシュを保存し、ネットに掲載するよう求めた。証拠の存在を否定する中国政府の妨害工作を防ぐためだ。

 20日にStryde氏は続報をブログに載せ、Googleの中国語版検索サイトである「Google.cn」で何が起きたのかについて詳述した。このサイトで同氏は1日前に見つけた検索結果のワークシートともう1つのワークシートの検索結果を見つけた。しかし何時間か後にチェックしたときには、オリジナルのシートは削除されていたが、その後、バイドゥの検索結果で見つけ出すことができた。

 Stryde氏の結論は本質をつき、またぞっとするものだ。「わたしの投稿は何を意味しているのか?体操の年齢資格の話、あるいは年齢詐称の有無という次元の問題ですらないと感じる。この点に関して、察しのいい読者なら年齢の記録は詐称であったことはすでに理解していると思う。この話は今やインターネットの検閲の話であり、証拠が間違っていると主張しているその最中に証拠を削除するという行動についての話だ。わたしは検索結果が砂のように足元から変化していくところ、インターネット上で事実が穴から流れ出ていく様子を目の当たりにした。こんなことがあってよいのか?」

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集