logo

マイクロソフト、「Internet Explorer 8」にプライベート閲覧モードを追加へ

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、長谷睦2008年08月21日 12時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 多くの人にとって、ウェブのプライバシーは心配の種だ。一方、Microsoftの「Internet Explorer」開発チームにとっては、プライバシーは1つの機能だ。

 Microsoftの検索、ポータル、広告プラットフォームグループを担当するシニアバイスプレジデント、Satya Nadella氏は8月18日の週、報道陣との会見で、同社は今後ブラウザにプライベート閲覧モードを加える予定だと述べた。また、ブログ「istartedsomething」の中でLong Zheng氏は、Microsoftがこの機能に関連するように思われる「Cleartracks」と「Inprivate」という2つの商標を申請したことを明らかにしている。

 米国時間7月30日付で提出された申請書類によると、両商標はウェブブラウザに関係するものだという。申請書類には、Cleartracksは「ウェブサイトにアクセスした後、検索履歴を削除するコンピュータプログラム」に関係するものと記載されている。また、Inprivateについては、「ウェブブラウザの履歴およびファイルのキャッシュ機能を無効にするコンピュータプログラム、および他者がユーザーのウェブ使用状況を追跡していたときには、そのことをユーザーに通知し、さらには他者が追跡した際に得られる情報をユーザーが制限できるようにするコンピュータソフトウェア」との記述がある。

 プライベート閲覧モードと聞いてまず頭に浮かぶ使い方は、履歴を残すことなくアダルトコンテンツのネットサーフィンを楽しむというものだが、それ以外にも、より穏当な使い道は存在する。「MozillaWiki」のプライベート閲覧モードに関する項目には「病状に関する調べ物をしたい時、あるいは大切な人の休暇や誕生祝いを本人に秘密で企画する場合に、プライベート閲覧モードでのセッションを利用したいと考えるユーザーがいるかもしれない」との記述がある。

 Microsoftは、「われわれは『Internet Explorer 8』(IE 8)でプライバシー問題に注力している」という短いコメントを残しただけで、同アプリケーションについてそれ以上の説明はなかった。

 Microsoftは6月に自社ブログに掲載した記事で、プライバシーはIE 8の「信頼できるブラウジング」要素の主要コンポーネントの1つだと述べていた。同ブログでMicrosoftは「さらに難しいのは、どのサイトに自らの情報が開示されているかをユーザーにはっきりと通知し、ユーザーが希望する場合には開示の度合いを制御できるようにすることだ」と記している。ここで言うプライバシーとは「ブラウザがどの情報を各ウェブサイトに提供するかを、ユーザーが制御できる状態にあること」だと、同社は説明している。

 Internet Explorerは最も利用者の多いウェブブラウザで、IE 8は現在ベータテストの段階にある。2008年中には最終製品版がリリースされる予定だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集