logo

IPネットワークを利用したワンセグ放送の実証実験--読売テレビ主催のイベントで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 読売テレビ、NTTドコモ、日立製作所、日立システムアンドサービス、日立国際電気の5社は8月18日、イベントと連動した、エリア限定のワンセグ放送の実証実験を共同で実施すると発表した。

 実証実験は8月30〜31日に行われる、読売テレビ主催のイベント「RUSHBALL2008」「わくわく宝島2008」において実施。双方のイベント会場にワンセグ用の実験局をそれぞれ設置し、RUSHBALLでは「音楽」をテーマに、わくわく宝島では「お笑い」をテーマにした、生放送のコンテンツをワンセグ経由で配信する。

 同実験には、番組の企画、ワンセグ放送の番組制作、携帯電話サイトでの動画配信を担当する読売テレビのほか、NTTドコモが環境の整備や簡単なチャンネル設定方法の提供によりワンセグ放送の認知向上および視聴を促進する。さらに各会場でのワンセグ実験局設置にあたり、日立、日立システム、日立国際電気の3社が、ワンセグ放送機器、リアルタイムデータ放送送出などのワンセグ放送システムを提供する。

 特に、わくわく宝島会場においては、IPネットワーク経由でワンセグコンテンツを伝送する新しいアンテナ分岐、拡張方式を導入し、高層ビルが建ち並ぶ都市空間内でのワンセグ放送の配信を実現するとしている。

-PR-企画特集