オリンピック効果で盛り上がりを見せるスポーツ関連サービス - (page 2)

原田和英(アルカーナ)2008年08月14日 11時22分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 また、アットムービー・パイレーツはモバイル向けのソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「エンタメナビgumi」において、ユーザー参加型野球実況コミュニティーを開始。自分の好きな野球チームに関する情報交換を行うことができる。

 PC向けのサービスとしては、まず大修館書店とイーストが、Windows Vista用のガジェット「est.jp」の提供を開始している。スポーツのルールや開催地、用語説明などが表示される。

 動画を使ったものとして、マリーチは、スポーツの誤審や際どいジャッジなどを議論できるサイト「プレイバック」がある。YouTubeを利用して、その動画を見ながらジャッジについて議論ができる。

 ジー・モードは、テレビ連動型のチャットサービス「おしゃべりテレビ」を開始。テレビを見ながら、ニコニコ動画のようにコメントでコミュニケーションを図ることができる。

 このように北京五輪効果で盛り上がりを見せるスポーツ関連サービスだが、このように世界規模でのイベントが開催される際は、イベントに便乗したスパムやウイルスも登場するので、気をつけて頂きたい。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]