logo

停滞する市場の起爆剤になるか--Second Lifeをブラウザ上で操作できるサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Second Life上でショッピングやゲームが行えるエンタテイメント型モールを提供するSUNが、ウェブブラウザ上でSecond Lifeを操作できる「SecondLife browser viewer」をベータ版リリースした。

 SecondLife browser viewerを利用することで、ユーザーはSecond Lifeのクライアントソフトをインストールしなくてもサービスを楽しむことができる。

 Second Lifeの問題点の1つとして、ソフトウェアの動作が重く、パソコンのスペックが高くないと利用が困難なことが挙げられる。しかしこのサービスを利用することで、スペックの低いPCのウェブブラウザでもSecond Lifeを楽しむことができるようになり、サービス利用のハードルを低くしたと言えるだろう。

SecondLife browser viewerのスクリーンショット SecondLife browser viewerのスクリーンショット

 ところで、Second Lifeの登場でさまざまな仮想空間サービスがリリースされてきたが、Second Lifeの失速を見てか、最近の仮想空間サービスはより敷居の低い方向へとシフトしてきている。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集