logo

フォトレポート:戦車の歴史--1世紀の歩みをたどる - 4/15

文:Daniel Terdiman(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年08月08日 07時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「M7B2」105mm自走榴弾砲は、第二次世界大戦時の米軍の戦車で、「Priest」という名前で知られている。乗員は7名で、「M2A1」105mmライフル榴弾砲1丁と「M2 HB」50口径重機関銃1丁の両方が搭載されていた。重量は5万600ポンド(約23t)で、175ガロン(約662.4L)のガソリンを給油でき、最高速度は時速25マイル(約40.2km)で、航続距離は120マイル(約193.1km)だった。
Scroll Right Scroll Left

 「M7B2」105mm自走榴弾砲は、第二次世界大戦時の米軍の戦車で、「Priest」という名前で知られている。乗員は7名で、「M2A1」105mmライフル榴弾砲1丁と「M2 HB」50口径重機関銃1丁の両方が搭載されていた。重量は5万600ポンド(約23t)で、175ガロン(約662.4L)のガソリンを給油でき、最高速度は時速25マイル(約40.2km)で、航続距離は120マイル(約193.1km)だった。

提供:Daniel Terdiman/CNET News.com

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]