logo

HOYA、有効約1010万画素のコンパクトデジカメ、2万円前後で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HOYAは7月29日、「ペンタックス」ブランドのコンパクトデジタルカメラとして有効約1010万画素の「PENTAX Optio E60」を8月7日に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は2万円前後の見込み。

 「PENTAX Optio E50」の後継機種。35mmフィルムカメラ換算で約32-96mmの光学3倍ズームレンズを搭載。さらに、光学ズームの画質を維持したまま、より拡大撮影できる「インテリジェントズーム」機能で、最大約17.1倍のズーム撮影が可能。

 カメラが被写体を判断し、最も適した撮影モードを自動的に選択する「オートピクチャー」モードを搭載する。撮影モードは「標準」「風景」「夜景」「ポートレート」に、「夜景ポートレート」「花」「スポーツ」を追加した。また、カメラが被写体までの距離を判断し、フォーカスモードのまま自動的にピント範囲を切り替えて、最短10cmまでの近接撮影が行える「オートマクロ」機能を新たに搭載する。

 そのほか、人物の顔を検知し、ピント合わせと最適な露出設定を行う「顔認識AF&AE」機能、手ぶれや被写体ぶれを軽減する「Digital SR」モードを搭載する。電源は単3形電池に対応。2.4型液晶を採用した。約6.3MBの内蔵メモリを搭載する。記録メディアはSDHC/SDメモリカード。本体サイズは幅約98×高さ約59×奥行き約25mm、重さ約130g。

HOYA=http://www.hoya.co.jp/
「PENTAX Optio E60」

-PR-企画特集