logo

au one net、ウェブメールを他人が閲覧できる状態に--急きょサービス停止

永井美智子(編集部)2008年07月25日 19時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは、固定系インターネット接続サービス「au one net」(旧DION) で提供しているウェブメールサービスにおいて、あるユーザー向けに送られたメールをほかのユーザーが閲覧できる事態が発生したと発表した。これを受け、7月25日午後4時17分にウェブメールサービスを停止している。

 au one netは現在約250万人の契約者がいる。このうち、ウェブメールサービスに登録しているユーザーは18万5290人。このうち1人のユーザーが、ウェブメールにログインした際に、他のユーザーのメールを閲覧できてしまった。KDDIでは7月18日にこの報告を受け、調査した結果、7月24日に事実であることを確認したという。現在確認できているのはこの1人のみだ。

 閲覧できた内容は送信メールボックス、受信メールボックスで閲覧可能な項目で、具体的にはメール本文、添付ファイル、送信元メールアドレス、送信先メールアドレス、通信年月日、ウェブメールのアドレス帳に登録している名前やメールアドレスなどの情報という。

 なお、メールソフトやau携帯電話を使った場合、同様の現象は発生しないとしている。原因については現在調査中とのことだ。

 KDDIではこの事象を申告したユーザー、およびメールが閲覧されてしまったユーザーに対して状況を説明し、お詫びするという。また、現在ウェブメールサービスに登録しているユーザーに対しては、電子メールに説明とお詫び文を送付するとのことだ。

 問い合わせ窓口の電話番号は一般電話からの場合、0077-777。受付時間は午前9時から午後8時までで、土日、休日も受け付けている。

-PR-企画特集