logo

従来比で約20%小型化--日立、約700万画素搭載「ブルーレイカムWooo」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は7月24日、総画素約700万画素の撮像素子を搭載し、HDDやSDメモリカードに記録したフルHD映像を、8cmのBlu-rayディスクにダビングできる「ブルーレイカムWooo DZ-BD10H」を8月9日より発売すると発表した。価格はオープンで、市場想定価格は16万円前後の見込み。

 DZ-BD10Hは、8cmのBlu-rayディスク/DVDドライブの薄型化や基板レイアウトの見直しなどにより、同社の従来モデル「DZ-BD9H」と比較して約20%の小型化を実現した。

 業界最高水準の総画素数約700万画素CMOS撮像素子を搭載するとともに、同社独自の映像処理回路「Picture Master Full HD」と組み合わせることで、フルHD映像の2.25倍の画素の信号からオーバーサンプリングし、1920×1080画素のフルHD映像を生成する。

 また、光学式手ブレ補正機能搭載フルHD対応レンズを採用し、動画だけでなく静止画でも手ブレの少ないくっきりした撮影が行える。逆光の際に顔が暗くならないよう自動的に明るさを補正したり、顔に優先的にピントを合わせたりできる顔認識技術「顔ピタ」機能なども搭載した。

 HDDとBlu-rayディスク/DVDドライブの組み合わせに加え、新たに動画記録に対応したSDHC/SDメモリカードスロットを搭載したハイブリッド構成とすることで、用途に合わせて記録メディアを選択できる。HDDにはフルHD画質で約4時間20分、別売の32Gバイト SDHCメモリカードには約4時間45分、8cm Blu-rayディスクには約1時間の記録が可能だ。

「ブルーレイカムWooo DZ-BD10H」 「ブルーレイカムWooo DZ-BD10H」

-PR-企画特集