次世代PHSサービスを検討する「BWAユビキタスネットワーク研究会」が設立へ

松田真理(マイカ)2008年07月24日 11時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウィルコムは7月23日、次世代PHS技術「WILLCOM CORE」ネットワークを活用したビジネス展開を検討する「BWAユビキタスネットワーク研究会」の第1回総会を7月28日に開催すると発表した。

 WILLCOM COREは、上下最大100Mbpsの高速モバイル通信が可能な技術。ウィルコムでは、2009年度中のサービス開始を予定している。

 BWAユビキタスネットワーク研究会では、WILLCOM COREなどの高速無線アクセス(BWA)ネットワークを活用した新たなサービスについて、技術や法制度などを含む総合的な観点から検討する。

 具体的には、カメラ機器やセンサー機器の製造会社、警備保障会社、ソリューション事業者、自治体などと連携し、定点カメラやセンサーを活用したサービスを検討するという。今後は、事業化を含めた展開に向けて、コンソーシアムなどへの発展を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加