logo

フォトレポート:スパコン「Cray X1E」や「IBM Blue Gene」--米オークリッジ国立研を訪問 - 9/13

文:Daniel Terdiman(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年07月30日 07時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 オークリッジ国立研究所のスーパーコンピュータ施設の近くには、「Everest」(Exploratory Visualization Environment for Research in Science and Technology)という名前で知られる巨大ディスプレイがある。27台のプロジェクタが使われているEverestでは、視覚化された複雑な科学データを約3500万ピクセルで見ることができる。

 たとえば、この写真では、セルラーゼと呼ばれる酵素とその下にあるセルロースの反応による複雑なバイオ燃料の問題が視覚化されている。視覚化システムの概念は、科学者に研究中のデータを確認できる最善の方法を提供することだ。
Scroll Right Scroll Left

 オークリッジ国立研究所のスーパーコンピュータ施設の近くには、「Everest」(Exploratory Visualization Environment for Research in Science and Technology)という名前で知られる巨大ディスプレイがある。27台のプロジェクタが使われているEverestでは、視覚化された複雑な科学データを約3500万ピクセルで見ることができる。

 たとえば、この写真では、セルラーゼと呼ばれる酵素とその下にあるセルロースの反応による複雑なバイオ燃料の問題が視覚化されている。視覚化システムの概念は、科学者に研究中のデータを確認できる最善の方法を提供することだ。

提供:Daniel Terdiman/CNET News

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]