ロックオン、合計9社を割当先とする第三者割当増資を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロックオンは7月10日、主要取引先を含む合計9社を割当先とした第三者割当増資を、7月11日に実施したと発表した。

 アイレップ、サイバーエージェント、GMO Venture Partners、GMOペイメントゲートウェイ、ジャフコ、セプテーニ・アライアンス・ファンド、博報堂DYメディアパートナーズ、フルスピード、みずほキャピタルの合計9社との第三者割当増資により、総額1億8600万円を調達した。

 ロックオンは、インターネット広告効果測定システム「AD EBiS(アドエビス)」の提供や、ECサイト構築オープンソース・ソフトウェア「EC-CUBE(イーシー・キューブ)」の提供などの事業を展開している。

 ロックオンでは今回の第三者割当増資により、株主となる各社との事業連携を強め、インターネット広告やEC分野で新たな事業展開を進めるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加