logo

10代男女の消費行動に関する調査--10代の消費意識にも不況の波が来ている? - (page 2)

Webマーケティングガイド2008年07月07日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全体的な傾向としては、女性は「お小遣い帳/家計簿をつける」や「お菓子コーナーをうろうろしない」、そして「通話ではなくメールを利用する」など、小さなことをコツコツと努力している傾向が強い。

 その一方で、男性は「アルバイトをする」や「ガマンする」など、稼ぐか使わないかという極端な意見が多く見受けられた。

 Q3では、貯金をしているかどうかと今後の利用意向を尋ねた。その結果、貯金を「行っており、今後もすると思う」と回答したユーザーは54.5%で半数を超えた。また、「現在は行っていないが、今後はしようと思う」は40.4%となり、10代男女の95%は貯金に対して積極的な意思を見せている。

 データがあるわけではないので正確な事は言えないが、これまでの10代と言えば消費という意識が強く、貯蓄という意識など毛頭になかったのではないかと思われる。それが、年金問題や終身雇用制度の崩壊、また近年の物価上昇により、貯蓄とは一番馴染みの薄い10代の意識にまで変化をもたらしているのではないだろうか。

月々貯金をしていますか。

 貯金の利用実態を男女別にみると、それほど大きな違いはないものの、男性は女性に比べ「行っており、今後もすると思う」と回答したユーザーが5ポイント以上高く、男性の方が貯金をしている傾向が強いことがわかった。今後の貯蓄意向については女性の44.2%が「現在は行っていないが、今後はしようと思う」と回答しているのに対し、男性は35.8%にとどまっている。また、「現在は行っていないし、今後もするつもりはない」というユーザーも5.2%と多い傾向にある。

 上記からもわかるように、男性の大半は堅実的に貯蓄を行い、ある一部のユーザーにおいては貯蓄を行わない刹那的消費スタイルが取れられている。女性においては、貯蓄をしている割合は若干低いが、その必要性は大いに感じている。しかし、実際貯蓄が出来るかどうか、というのが10代男女の実態ではないだろうか。

男女別の貯蓄実態

 本調査結果の単純集計を無料でご提供させていただきます。アンケート回収データ・クロス集計サービス・レポートは有料にてご購入いただけます。調査や有料サービスをご検討の方はお気軽にお問合わせください。

 本調査はモバイルインターネットリサーチを使ったものです。あくまでも指標や参考データとしてご活用下さい。業種や取り扱っている商品、またユーザーの属性によっても調査結果は大きく異なると考えられます。より詳細な業界動向や、ターゲット層に合わせたリサーチにご興味をお持ちの方は、リサーチアウトソーシングサービスをご活用ください。

調査対象:15歳〜19歳のモバイルユーザー345人
調査期間:2008年6月20日〜2008年6月23日
調査方法:モバイルリサーチ
調査機関:ネットエイジア

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]