フォトレポート:「こちらヒューストン」--NASAジョンソン宇宙センター - 11/18

文:Daniel Terdiman(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル、編集部
2008年07月09日 07時00分
 後ろに傾いたシャトル・モーション・ベース・シミュレータの全景。訓練装置内では、「STS-125」という名前で知られている次期スペースシャトルミッションに参加する一部クルーが、シャトル打ち上げ時の状態をトレーニングしている。

 この訓練装置は、打ち上げを模擬体験できるように、持ち上げて振動させることができる。また、クルーが、打ち上げ時と同様、あおむけ状態での操縦を体験できるように、後ろに傾けることも可能だ。

 後ろに傾いたシャトル・モーション・ベース・シミュレータの全景。訓練装置内では、「STS-125」という名前で知られている次期スペースシャトルミッションに参加する一部クルーが、シャトル打ち上げ時の状態をトレーニングしている。

 この訓練装置は、打ち上げを模擬体験できるように、持ち上げて振動させることができる。また、クルーが、打ち上げ時と同様、あおむけ状態での操縦を体験できるように、後ろに傾けることも可能だ。

提供:Daniel Terdiman/CNET News.com

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]