logo

フォトレポート:「こちらヒューストン」--NASAジョンソン宇宙センター

文:Daniel Terdiman(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル、編集部
2008年07月09日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 宇宙に関心を持つすべての人たちにとって、ヒューストンにある米航空宇宙局(NASA)のジョンソン宇宙センター(JSC)は世界で最も重要な設備の1つだ。ジョンソン宇宙センターには、NASAのすべての有人ロケットの管制センターがあり、今もなおスペースシャトル搭乗員の訓練が行われている。

 CNET News.comのレポーターである筆者が、同センターのさまざまな重要施設の舞台裏を見学した。

 これは「Chariot」と呼ばれる月面車で、NASAが将来の月ミッションのために開発している新しい月面車の試作車だ。過去の月旅行で使われた月面車と異なり、Chariotには多くの機能が搭載され、幅広い用途を考慮して設計されている。6組の車輪はそれぞれ自立しており、いつでもあらゆる方向に移動できる。

 直立型の座席が2つ搭載されており、クルーは立ったまま運転できる。過去、月面車に座った宇宙飛行士が見通しで苦労したことから、立ったまま運転できることは視界を確保する上で重要だとNASAは考えた。

 宇宙に関心を持つすべての人たちにとって、ヒューストンにある米航空宇宙局(NASA)のジョンソン宇宙センター(JSC)は世界で最も重要な設備の1つだ。ジョンソン宇宙センターには、NASAのすべての有人ロケットの管制センターがあり、今もなおスペースシャトル搭乗員の訓練が行われている。

 CNET News.comのレポーターである筆者が、同センターのさまざまな重要施設の舞台裏を見学した。

 これは「Chariot」と呼ばれる月面車で、NASAが将来の月ミッションのために開発している新しい月面車の試作車だ。過去の月旅行で使われた月面車と異なり、Chariotには多くの機能が搭載され、幅広い用途を考慮して設計されている。6組の車輪はそれぞれ自立しており、いつでもあらゆる方向に移動できる。

 直立型の座席が2つ搭載されており、クルーは立ったまま運転できる。過去、月面車に座った宇宙飛行士が見通しで苦労したことから、立ったまま運転できることは視界を確保する上で重要だとNASAは考えた。

提供:Daniel Terdiman/CNET News.com

 宇宙に関心を持つすべての人たちにとって、ヒューストンにある米航空宇宙局(NASA)のジョンソン宇宙センター(JSC)は世界で最も重要な設備の1つだ。ジョンソン宇宙センターには、NASAのすべての有人ロケットの管制センターがあり、今もなおスペースシャトル搭乗員の訓練が行われている。  CNET News.comのレポーターである筆者が、同センターのさまざまな重要施設の舞台裏を見学した。  これは「Chariot」と呼ばれる月面車で、NASAが将来の月ミッションのために開発している新しい月面車の試作車だ。過去の月旅行で使われた月面車と異なり、Chariotには多くの機能が搭載され、幅広い用途を考慮して設計されている。6組の車輪はそれぞれ自立しており、いつでもあらゆる方向に移動できる。  直立型の座席が2つ搭載されており、クルーは立ったまま運転できる。過去、月面車に座った宇宙飛行士が見通しで苦労したことから、立ったまま運転できることは視界を確保する上で重要だとNASAは考えた。

-PR-企画特集